禁断カオス

書きたい放題、書きたいように書くだけ

オレは汚れている

f:id:schectash:20170520101705j:plain


お尻が痛い。下痢なのだ。


ウォシュレットの登場で尻を破壊する程ゴジゴシする人は減ったと思う。それでも下痢になると尻が痛くなる事がある。


放屁するとブツが飛び出すんじゃないかと思うくらい酷い下痢になった事もあった。もともと胃腸が丈夫じゃないんだと思う。



北海道に住むようになってから、キャンプをするようになった。北海道は自然が多くキャンプ場も豊富だ。最近は地方自治体の財政悪化とやらで閉鎖も増えたが、無料のキャンプ場も沢山あったのだ。


キャンプとはワイルドなもの。

キャンプをする時は、設備が整っていない無料のキャンプ場を利用する事が多かった。オートキャンプ場やバンガローなんて必要無い。そう思っていた。


しかし、ワイルドなキャンプは過酷なのだ。

1番過酷なのがトイレだ。まず、汚く薄暗いトイレが多かった。夜にはトイレの明かりに大きめの蛾が群がる。女性は嫌がるだろう。


勿論、定期的な清掃は入っているが、それでも時間によっては、便器から汚物がはみ出して散らばっていた。


なんなんだ?

用を足しながら歩いたのか?ケツの穴が普通とは違う位置にあるのか?謎である。

とにかく汚いのだ。



社畜時代、新入社員教育を担当した事があった。座学だけでなく色々な事を教える役割を担っていた。


ある日、取引先数社との交渉に連れて行く事になった。と言っても新人は紹介するだけで横で見ているだけだ。


全ての交渉を終え、良い条件を獲得した企業との取引拡大が確約できたが、学生から社会人となったばかりの新人は、社会とは、こんなに汚いものなんですか?と質問してきた。

駆け引きが気に入らないらしかった。


オレにも、そんな若い頃があった。

だが、立派な社畜として上を目指すうちに、あのはみ出た汚物みたいになってしまったのかもしれない。




おっぱいが好きだと言わせてくれ

f:id:schectash:20170519095815j:plain


オレは男だ。

健全な男なんだ。


男ってやつは、おっぱいが好きなんだ。

好きで好きで堪らないものなんだ。

おっぱいより尻が好きだという意見もあるだろう。だが、結局どちらも好きなんだ。


社畜を引退しブログを始めた。此処じゃ無い。折角始めたブログだからと簡単な広告を貼ってみたが、このアドセンスとかってのが厳しいのだ。


おっぱいやエロスな事を書いてはいけないらしいのだ。我慢した。あぁ、我慢したさ。

だが、男として駄目になる。なぜなら、おっぱいが好きだからだ。


普通の事を書いていても、おっぱいと書きたくなる記事だってあるのだ。だがエロスなワードは許されないらしい。

敢えて別の言葉にして表現するという方法もあるのだが、それじゃ駄目なんだ。

おっぱいは、おっぱいなんだ!


だから、此処に書かせてくれ。

オレは、おっぱいが好きなんだと。


まぁ、お尻も好きなんだが。





川の流れのように

f:id:schectash:20170519022927j:plain


時々、頭の中で流れる曲。
幼い頃から音楽が好きで、友達の姉がピアノでビートルズを弾いていたのを聴いた事がきっかけとなり、洋楽にハマった。それなのに時々流れるのは洋楽では無いんだよな。

学生の頃は、大阪のディープな下町で育ち、草野球に打ち込んだが、やがてテレビゲームのブームがやってきて友達が1人また1人と野球から離れていった。
やがて野球が出来る人数が集まらなくなり、グランドも企業に買い取られ、遊び場を失った。

それからは学校内で陸上の短距離に打ち込んだ。部活というやつだ。男ばかりのむさ苦しい部活だったが、大会では女子と仲良くなる機会もあった。陸上の短距離選手としては、かなり速い方だったが、モテなかった。
思春期、青春という言葉に感化され、モテたい気持ちが爆発し、ギターを始めた。
下手クソ過ぎてモテるとかってどころの話じゃなかった。

うん、わかってる。そもそもモテるようなルックスじゃなかったんや。それでも奇跡なのか童貞は卒業していた。

それから社会人となり、先輩方の指導を受け社会のルール的な事を学んだ。無礼講だと言われても信じてはいけない。社内営業で出世する者が多い。残業や休日の会議は自主的な出勤扱い。

朝から晩まで働き、安定した収入が出来た事で当時付き合っていた人と結婚をした。
些細な事で喧嘩をする日が増え、結局離婚をする事になった。

なんだか全てが嫌になり、独身となった事で会社から話のあった転勤を受け、地元を離れ北海道へ移住した。
広大な土地、過酷な寒さ、環境がまるで違っていた。凍結した路面で何度も転んだ。
そんな生活に慣れてきた頃、北海道で知り合ったバツイチの女性と再婚した。連れ子がいたので、いきなり父親になった。

更に2人の子宝に恵まれ、少しだけだが日本の少子化に反抗してみた。この頃流れていたのは洋楽でもメタリカのようなメタルだ。激しいドラムが鳴っていた。

それからは転勤を重ねながら、よくある出世街道を歩いた。首都圏では通勤ラッシュを避ける為に早朝に出勤し、深夜に帰宅する生活も経験した。その頃は、線路を走る者などいなかった。

しばらくして地元へ転勤となった。もう支店を任される位置にいた。だが、もう身も心も疲れ果てて満身創痍だった。馬車馬のように働き詰めだった。

ある日、辞表を出した。突然の申し入れに本部から数名の役員がやってきた。色々と話をしたが考えを変える気は無かった。
家族とは相談済みの案件。嫁も子供も道産子なので北海道で暮らしたいみたいだった。

退職金と馬車馬のように働き貯めた資金などを使い北海道に自宅と投資物件を購入した。
現在は賃貸収入で暮らしている。
世間では働き盛りと言われるアラフォーだが、普段は老人のような生活を送っている。

朝も早く起きる必要は特に無い。起きたい時に起きて公園を散歩したり、趣味に没頭している事が殆どだ。
あまりにも暇なので、ここでは無いブログをレンタルサーバーで始めた。

そして今流れている。